読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simply be.

断捨離ストにもミニマリストにもなれない。欲しいものは欲しい、でもシンプルでありたい。そんなワガママ女のあれこれ。

そうだ、台湾へ行こう【準備・タイガーエア予約編】

2017年3月台湾・高雄 海外旅行

【スポンサーリンク】
/* ↓この間にアドセンスのコード */ /* ↑この間にアドセンスのコード */


こんにちは。マユさんです。

新しいブログをこっそり立ち上げてから1ヶ月強。

やっとこさビジュアルに手をつけはじめました。
しばらくはレイアウトがちょこちょこ変わったり崩れたりして見にくいこともあるかもしれません。
でもまー今んとこ来る人も少ないしいっか(笑)

さて、台湾旅行が決まって今回はツアーではなく自分たちですべてをセッティングすることに決めたマユさんたち(友1人だが(笑))
まずはやることは飛行機の予約です。

 

 タイガーエアのHPは使いにくい?

まずは行きのタイガーエア

170301 0001
最近は渡辺直美さんをイメージキャラクターにCMにも力を入れているみたいで結構有名になってきた・・・のかな?

しかしながら、まず最初からタイガーエアのHPにはガッカリポイントがいくつも(;´Д`)

まず、タイガーエアのHPはスマホには対応しておりません!

いや、正確に言うとなんとなーくは対応しているんだけど、PC用がそのままスマホ画面になんとかおさまるようにした感じなだけなので字は小さいし選択が結構大変。
それでもこれも最近の話で少し前はまったく対応がなかったので、とてもスマホ画面から予約は出来ない感じでした。

ってことでできればPCで予約をすることをオススメします。

そして次のガッカリポイント(笑)

出発地の選択で、関東住みマユさんは羽田か成田を使用します。
最近の旅行サイトでは例えば成田か羽田のどちらも使える状況であれば「東京(羽田・成田)」みたいな感じで選択できるようになってます。
だから羽田発着便と成田発着便とを比較検討できたりしてとても便利。

タイガーエアにもそれがあるんですが・・・・。

170301 0003
なぜか「東京(成田と羽田空港)」を選択すると、到着空港が一部しか出てこないんです。

170301 0004
どうやら羽田発着便のない空港は出てこない仕様??

元々、今回の目的地である高雄は成田からの発着しかないのは知っていたので、出発を成田限定にすればなんの問題もないけど知らない人がやるにはこれはちょっと不便。
高雄へは飛んでないのかと思っちゃう。
ちなみに羽田発着限定を選択したい場合はリストの一番下にあります。(なぜ東京同士リストが並ばない?)

その他にもサイトがちょいちょい繋がらなかったり、画面を放置して検討したりしているとトップページに戻ってしまったりいろいろします。

すごい使いにくいです。

席は安い?高い?

行き先、出発日を指定すると、フライトリストが表示されます。

170301 0005
高雄便は1便しかないので、リストになってませんけどね(笑)

片道でも往復でもフライト選択はそれぞれなので、料金も別々です。

席のランクは「ライト」「コンボ」の2種類。
レガシー便のようにファーストやビジネスといった区分けではありません。

タイガーエアの場合の区分けは以下。

【ライト】 席料に 持ち込み手荷物(10kgまで)の料金が無料です。
【コンボ】 「ライト」+ライトミール(機内食)がついてきます。標準席の指定が無料です。

170301 0006
Scoot便はちょっと内容が異なりますが、今回は違うので割愛。

まー、簡単にいうと機内食と座席指定があるかないかって感じです。

マユさんたちはLCCでもレガシー便でも機内食は必要としない(たいして美味しくないし(* ̄m ̄) ププッ)のでいりません。
ってことで【ライト】プラン一択。
ちなみにこの画像の価格差は1500円程度ですが、座席の指定料はオプションでも500円程度なので 機内食1000円とかって考えると高いなーと思う。
まぁ、食べたことないからどんなの出てくるか知らないけど(笑)

預け荷物が高い!

席のプランを選択して先へ進むとパスポート情報等を入力する画面になります。
その際、出てくるのがオプションの選択。

たぶん、ここで一番重要になってくるオプションは「預け荷物」です。
タイガーエアはどちらのプランを選択しても預け荷物は有料オプションとなります。
しかも重さによって料金は異なるため、ここでの選択肢はかなり重要。

170301 0007
当日チェックインカウンターで急に預けるーとかなると高額になるので事前にオプション購入が必須です。

ルートによって金額は異なると思いますが、今回の成田-高雄便に関しては15kgまでは2800円、20kgまでが3200円となっていました。
(最低重量が15kgなので、これより安い重量のオプションはありません)

行きは15kgの重さなんてないからもっと安いのないかしら(笑)

悩んだすえ、今回は片道、しかも行きのみなので15kgを購入しました。

もちろん機内持ち込みサイズのスーツケースのみで行くという選択肢もあったのですが、空港内だけでもガラガラと持ち歩くのは結構苦になるほうですし、帰りのお土産のことを考えるとサイズ的に心許ない。
そして、機内へは水分(シャンプーや化粧水やらいろいろ)の持ち込みが大幅に制限されてしまうため、素直に預けることにしたのでした。

ちなみに往復だった場合は預け荷物のオプションだけで+6000円です。
(行き15kg、帰り20kgの場合)
正直たっかーい、と思いました(笑)

座席指定しないと席が離れるかも?

上記で予約した場合、席の確保はできましたが座る場所は決まっていません。
席を指定する場合、当然オプションで有料です(笑)

席は3つのプランに分かれていて料金は以下。

一番前、それに準ずる足元の広い席 ・・・ 2800円
標準席よりちょっとだけ広めの席・・・1300円
標準席・・・・・560円

こちらもそれぞれ片道の料金です。
LCCの狭い席は大っ嫌いなので、ここはアップグレードしておきたいところですが・・・・高い!!
こちらも悩んで悩んで・・・やめました(笑)

事前に座席指定をしない場合は当日チェックインの際にコンピューターで席は自動に振り分けられます。
やり方はわかりませんが、同行者同士でも席が離れる場合があるんだとか。
まぁ、そのへんは気にしないタイプ(どーせ時間も短いし)なので、標準席すら指定するのはやめにしました。

結局いくら?

今回、ちょっと上の画像とは違う料金の時に予約したので、片道:13000円程(諸税等含)でした。
でも往復だったとしたらオプション代だけで5000円〜10000円は軽くあがるので正直安いかどうかは微妙なところだなと感じました。
(記事投稿時点での通常料金だとオプショナルをつけなくても片道約20000円もするし)

LCCは安い、というイメージがあるけれどセール時や(よくやってるけど)、タイミングを見て購入しないとレガシー便より高くついちゃうかもしれません。

はてさて・・・ひとまず行きの航空券を確保してから次は帰りの航空券の確保は・・・・

次回へ続く。